ダイエット開始

09.5.11 BTI.No.100より

ゴールデンウィークもあっという間に過ぎ、中高生は新学年になって初の定期試験を迎える時期となりました。皆様いかがお過ごしのことでしょう。実は、このBRAIN 通信もBRAIN を設立した1998年4月の第1号から数えて、ついに100号を迎えることになりました。

11年間のBRAIN で重ねたもの

今年はBRAIN 12年目なんですね~。早いものです。卒業生にはSONY、NTTなど一流企業に入ったものもいれば、銀行員になったものもいます。また、弁護士や公認会計士になったもの、会社を起業したものなどさまざまな連中がいるわけです。年を重ねるごと、生徒たちはどんどん飛躍していくわけですが、じゃあ、私自身はどうなったのか? 私が重ねていったのは、老眼の度数と体重ぐらいなもので、ろくなものは重ねてないじゃないか!!!

知らぬ間に体重100kgを超え、犬の散歩に行けば胸が苦しくなり、町医者(高橋医院といいます)に行けば、日赤の紹介状をもらい半日かけて心臓の検査。踏み台昇降みたいなのを散々やらされて、病院中散々早足で歩いて来いとか言われ、心電図をとったら結果は「ただの太りすぎ。やせなさい」とか言われる始末。簡単にやせられるなら、とっくの昔にやせてるよ。

ストレスの塊

だいたいこの仕事、そうです塾の教師はストレスばっかりですよ。生徒の成績を見れば血圧は上がるし、脈拍は速くなる。「こいつを何とかしにゃいかん」と思っていても、当の本人は「宿題忘れましたー」とか「教科書持ってくるの忘れたー」だとか…。こっちがキレりゃ「あのジジイ怖い」だとか言われ、補習に来いと言っても「部活でーす」。なんたるかな。

受験直前になって、やっとやる気を出してきて、偏差値20上のところを第一志望にする…。こっちは必死ですよ。保護者の方が羨ましくなることが多々あります。なんたって、保護者の方は、受験生が1人か2人。私には何十人もいるんです…。「あ゛ーーーー」と夜な夜な叫んでしまうわけです。

合格すればいいってもんじゃありません

受験に合格すればそりゃ嬉しいですよ。でも、どこでもいいってわけはないでしょう。昨今の世の中、格差社会は激しい、学歴社会は以前より顕著になる…。

「大学はどこでもいいから使える奴を入れたい」とか一流企業も言っていますが、結局はテストで絞ってくる。その結果、一流企業に残るのは「一流大学」ばっかりです。高校だって、この高校はこの大学までという図式は決まっているのが最近の傾向。私立中学しかりです。

「目標を高く持って、しっかり勉強しろ」といったところで、「入れる学校に入ればいいや」「どうせ無理」だとか言う生徒の多いこと…。「何とかこんな考え方を改めさせなきゃ、こいつらの将来はない」と思って、勉強の大切さを面談で伝えても「はー、そうですか…」なんて言われた日には、胃に穴が開く思いですよ…。

やせなさい

とか言われたって、ダイエットなんかする心の余裕なんかあるわけないでしょ~。仕事中は飯なんか食ってる余裕はありません。時間の隙間で、のびきって「うどん」のように太くなったカップラーメンを胃に流し込み、生徒が買ってきてくれた松屋の「豚めし」をかっ喰らい、授業に入る。帰宅後は一気に大飯を喰らい、酒をしこたま飲んで寝る。

太ります。太るに決まっているでしょう。BRAIN を始めて11年で30kgは太りました。11年で卒業生は一流企業なのに教師は豚を超えてただの牛ですよ牛。

ゴールデンウィーク明けの変調

といってただの牛であった私はゴールデンウィークが明けた5月7日、身体に変調が起きたんです…。胃が痛むんです。ほとんど生まれてこのかた20年間、初めての胃痛です(…まだはたちと言っているわけです)。

いやー、つらかったな…。といっても、前日、蓼科別荘(私のじゃありません)にて、卒業生たちと焼肉パーティーをしたのですが、生来脂っこいものが好きな私は、脂っこい肉ばっかり食べまくったわけです。脂脂脂…。これがいけませんでした。7日は一日中苦しみ、翌8日にいつもの高橋医院に行きました。

「強い薬出すから、当分、絶食しても平気だよ」とか先生に軽く言われ、薬を飲んでも痛みはまったくひかず、なんと夜の授業を代わりの教師にやってもらい、八王子の知ってる救急病院に駆け込みました。点滴4時間…。なんと回復したのです。

心を入れ替えました

あの痛みは二度と思い出したくない。さらに、私がライバルと思っていた中3の母が、病気で手術をした結果、激ヤセしたという情報を得たのです。ついに決意したんです!! 「暴飲暴食をやめていいオジさんになろう」と。心を入れ替えました。まだ胃が痛い気が一部するので、低カロリーで、栄養のバランスを考えて食事を摂ることにしました。

メニュー1日3食です。当たり前か…。

BRAIN にいるときは、バナナ1本、無糖ヨーグルト大匙山盛り4杯、牛乳200cc。これをミキサーに入れてジュース化します。それが1食です。朝・昼はこのバナナジュースがお食事です。帰宅後は野菜スープです。ジャガイモ中4個、にんじん1本、たまねぎ大1個。鶏の胸肉さいころ大を6個くらい。それを鍋で水から煮ます。

その後、塩小匙半分約2g、コショウをがっちり、そしてお酢をがばがば入れます。それが2回分のスープです。よく煮えてきたら、水菜を1回分1束くらい投入。そして5分後出来上がり。納豆1パック(タレは抜きます)に明太子1/2腹入れてかき混ぜたものをつけます。これが晩ごはんになります。

簡単、栄養andカロリー計算

ネットで「簡単、栄養andカロリー計算」(これは大変優れものです。ご利用ください)というサイトで計算したところ、栄養素は完璧です。カロリーは1000kcal程度。素晴らしい栄養バランス低カロリー食事になっていたわけです。そういうわけで、4/20に101.4kgあった体重が、今、この原稿を書いている5/17の朝9時には93.6kgまで減少したんです!!!!!

何と、28日4週間で7.8kgの減量です!!! 今は、野菜スープに入れる野菜のバリエーションを楽しみ、毎朝体重計に乗るのが楽しく、生きる希望も出てきました。ただ、新しくできたサミットに、牛乳やヨーグルト、バナナに野菜を買い込んだデブのおっさんがニヤニヤしながら商品を物色している姿は恐ろしいものがありますが…。

目標を持って世の中を変えよう

生徒諸君も目標を持つと人生が変わるんです。「入れる学校に入ればいいや」なんて言ってたら、どこにも合格しません。「どうせ無理」なんて言ってたら、この厳しい社会、どうやって生き延びるわけ?

生徒・保護者の皆様にお伝えします。気持ちが変われば、人生が変わるんです。目標を高く持って必死で勉強してください。そうすれば、見えなかったことも見えてくる。人生が変われば、世の中も変わっていくんです。頑張りましょう。私も80kg台を目指して頑張ります。