[新中1生対象] 中学先行講座のお知らせ

中学先行講座のお知らせ

 

この1月、まだBRAIN の中3・高3生は受験が続いていますが、小6生は長かった受験もやっと終わりに近づきました。ほんの少し前の1月までは、必死にBRAIN の机に齧りついていた生徒もいました。レポートも毎回毎回必死にやってる生徒もいました。家で朝方まで勉強していた生徒、どうしても問題が解けなくて悔し涙を流した生徒、げんこつを喰らっても必死に勉強していた生徒……。

私も、布団の中で「こうすればよかった」「ああすればよかった」「こうしよう」「ああしよう」など、どうも、すっきり眠れないことが多かったな~。胃薬片手の毎日も続きます。胃薬はこの時期の必須アイテムになってしまいました。それにしても、父母の皆様にいたってはもっともっと様々な想いがあることと思います。

 

受験が終われば一安心か?

 

こんなに一生懸命やっていたんだから、受験が終われば一安心、といきたいところですが、勝負はこれからです。受験でできなかった遊びなどを目一杯やって、中学生活を楽しむ。これも大事なことだと思います。しかし、もう一度原点に戻ってください。目的は、ただ受験するだけではなかったはずです。これからが本当の戦いです。

 

算数の苦手だった生徒。本当に必死で算数を勉強しましたか。公式も完璧に覚えて、この問題はこれを使うという判断能力をつける訓練をしましたか。そこまでいく前段階で、算数は苦手だからと決めつけて終った人はいませんでしたか。

国語はどうですか? 漢字が書けないのをそのまま放っておいた生徒はいませんか。ことわざや慣用句、四字熟語など、できない、覚えられないと決めつけていたのではないでしょうか。

理社もそうです。覚えられない、興味がないから仕方ないなどといって、実は手を抜いてしまったんだ…、なんて生徒はいませんか?

 

英語が始まります

 

これからは、新しい科目「英語」が始まります。せっかく私立に合格できたのに、高3になっても「先生、この『ボーク』って何ですか?」と”book”を指差して聞いてきた法政中に受かった生徒、高1になっても母音が何かわからずに”a”と”an”の区別がついていない成蹊中の生徒。こんな生徒も実際いました…。しかもこういう生徒に限って、小学校から英語塾に通っているんです。小学校の英語塾は、殆ど書きません。中学英語は書けなくちゃいけないんです。でも「ちょっと英語を知っているから平気」という甘っちょろい考えで、2学期にはいる頃には落ちこぼれてしまい、それにすら気づいていないことが多いのです。何のために辛い受験勉強までしたんでしょう。まったく無駄になってしまいます。

数学に関しては、今までの算数とは全く別物と思ってください。算数がかなりできたとしても、数学ができる保証はまったくありません。算数をいつまでも引きずっていると、方程式が立てられず、中1の夏から早速「落ちこぼれ」になってしまいます。中学の5割の生徒は落ちこぼれになっているのが現状です。

 

「初め良ければすべてよし」

 

「初めよければすべてよし」が、中学校の当り前です。特に、中学入学までの時期、今までの辛い勉強から解放されたこともあって、新中1生のほとんど全員が気を抜いています。この時期がチャンスです。スタートダッシュして、はじめの通知表でいい成績を取りましょう。スタートダッシュに成功すれば、あとはこの成績上位の状態を維持し続けることができるのです。

そんなわけで、BRAIN では、引き続き英語・数学で、中学準備のための先行講座を行います。奮って御参加ください。お申し込みは電話でお伝えください。

 

また、外部の方も募集しています。BRAIN に興味のある方がいらっしゃいましたら、是非100人くらいお誘いください。教師はみな老人で、その上かなり狭く汚く変な塾ではありますが、BRAIN は他では出せないなかなかいい味がでている塾だと思いますので。宜しくお願いします。

 

1先行講座 

期間

2/6(火)~3/24(土)

授業内容

・国語: 文法は文節の働きまで、読解は指示語・接続語の考え方を学習します。

・数学: 正負の数四則混合・正負の数の応用まで。これにて中1全単元の20%終了です。

・英語: This is ~. の否定文及び疑問文。それとWhat is ~ ? までを学習します。

日程・時間割


以下、火:英語 木:数学 土:国語です。

費用 (2・3月合計税抜)

1科目:30,000円
2科目:50,000円
3科目:56,000円
諸雑費:  4,000円