正月に思うこと―BRAIN通信No.140―

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて受験生諸君よ! 頑張りなさいよー。

 

鉄道で実家へ

さて、父親ひとりが住む実家に正月のご挨拶に行きました。武蔵野大学の近くにある自室から、同じ東京都の板橋区、東武東上線東武練馬駅にある実家まで、車では30分くらいなのですが、今回は酒を飲む予定だったので、鉄道を使って行きました。

自室近くの八幡町三丁目のバス停から三鷹駅まで、そして中央線で新宿、埼京線で池袋、東武東上線で東武練馬、そして徒歩5分。この行程で約1時間30分です。車の三倍もかかります。同じ都内に行くのにへとへとでした。ただ、正月早々だったもので鉄道内の混雑もたいしたことなく、全行程座っていけました。のんびり座って1時間半って楽じゃありませんか?

 

うるさい

いやいや私には本当に苦痛でした。とにかく音がうるさい! 容赦なく聞かされる駅の案内放送、発車を告げる奇妙な音楽、まだ奇妙な音楽だけならいいですが、池袋の東武東上線の発車音楽はベートーヴェンの田園交響曲、それを気持ち悪くアレンジしたもので、まったく聞くに堪えないもの。そのほか列車内では携帯で大声で話している中国人、こんな中国人よりひどいのが日本人の年寄りたちの大声、この年寄りたちは自分たちが登山でも行った(高尾山?)ときの動画を、音量最大にして聞いて見てギャーギャー騒いでいるし。日本の年寄りは、日本の若者たちと比べても、外国人と比べても、マナーが悪いということが良くわかりました。最近の年寄りは…。私も日本の年寄りなので気をつけます。

 

音の攻撃

とにかく音がうるさすぎる。音の攻撃です。見たくなかったら目をつぶればいい、味わいたくなければ口をつぐめばいい。しかし、音と匂いは、耳を塞いだって、鼻を塞いだとしても必ず入ってくるじゃないですか。防ぎようがありません。駅とか鉄道に限ったことではなく、スーパーに行ってもそう。「どんどんどん、どん○ー」と年がら年中大音量流している安売りのディスカウントショップやら、食べ物屋に入っても音楽がんがん。音の攻撃は巷に溢れています。

 

暴力

なぜ日本人はこんなに音に対して平気、いや鈍感なのでしょうか。私には音の「暴力」としか思えません。鉄道だって、そんなにアナウンスしなくちゃいけませんか? 発車ベルに変な音楽つける必要ありますか? それで事故が減るのでしょうか? 私は、実家までの1時間半、この見えない「暴力」を受け続け、本当に疲弊してしまいました。しかし、よく考えてみると、これでも休日だったのでまだましだったのかもしれません。音だけじゃない。人で溢れかえる都心。私はこの人の多さにも当たってしまい精神的に参ってしまいました。

 

通勤地獄

でも、私なんかましな方です。平日仕事が始まれば、満員電車にぎゅうぎゅうに押し詰められ、音の攻撃を散々受け、やっとの思いで都心の会社に到着。これだけで疲弊しきった中で、仕事を開始する。夜になれば、仕事で疲弊した上に、やってもそんなに価値があるかという無理やり残業でさらに疲弊し、そしてとどめは帰宅の列車。ぎゅうぎゅう詰めは行きも帰りも同じ、音の暴力も散々受け、その上さらに酒臭い! こんな地獄の通勤・通学をしている人は山ほどいます。私なら、一日で通勤するのをやめてしまうでしょう。

生徒たちに勉強を教えることで生徒の能力を高め、それにより彼らの希望をかなえる。そんな仕事をしているつもりですが、その結果、生徒たちにこんな通勤地獄を味合わせてしまっていたのなら、本当に彼らに申し訳ないことをしてしまったと思ってしまいます。でも、こんなことになった原因って何でしょう?地方はこんなことになっていますか?

 

都心回帰

数年前、東京に人口が集中するので、地方へ一部首都機能を移そうだとか誰か言ってましたよね。IT革命とか言って、パソコン使って家庭で仕事をしてもいいじゃないかとかいう話もありましたよね。それらの話はどこへいってしまったんでしょう。逆に都心回帰が進むとか、マンションの都心の販売数が増えたとか、そのような以前の話に逆行する話が多くありませんか?

鉄道も都心回帰が進んでいます。小田急線の高架複々線の完成とか、京王線の連続立体交差工事の開始、横浜の相模鉄道とJR、東急をつなぎ横浜からの都心への一直線化などなど。すべての交通を都心に向かわせるため、通勤を楽にするため(?)の事業はますます活発になっています。さらに羽田国際線の24時間化に合わせて都心交通網の24時間化などなど。都心は日本人だけでなく外国人も増えて、朝も夜も、そして深夜も人で溢れるように仕組まれています。

 

そんなにお金欲しいの?

一極集中に問題があると言いながら、一極集中するためにインフラを整備し、便利だからと昼夜なく過ごし…。それもこれも儲かればいいという考えしかないからでは?

外国人の来日を煽りお金を落としてもらう。その必要がありますか?外国人が多くいることで弊害も多数起きている。東京を24時間都市にする必要がありますか?古来より夜は「寝る時間」です。口ではCO2削減、温暖化防止とか言いながら、夜中電気をがんがん使いまくる。例をあげればきりがない。

ゴーンにだって20億円払う必要ありますか?年収500万円が400人分です。400人分の価値がゴーンにありますか? そんなにゴーンはお金が欲しいのでしょうか?みんなそんなにお金が欲しいの?

どうもおかしいことが今の日本には蔓延しているのではないでしょうか?

 

塾通いの「意義」を考える

塾だってどうなのでしょう? 塾に子どもを通わせるのは、将来いい中学に入って、いい高校に入って、いい大学に入って、大企業に入れてお金持ちにするためですか?勉強することの「意義」を考えもしないで、いや考えようともせず、ただ塾に通わせることはナンセンスではありませんか?

 

BRAINの生徒には知恵をつけてもらいたい。その知恵で、みんなが住みたいような日本、平等で平和な本当にあるべき正しい姿の日本を作り上げてもらいたいと思う今日この頃です。

 

これまでのBRAIN通信はこちら。